©2019 by kids-ku. Proudly created with Wix.com

きづく kids-ku

きづく kids-kuとは

きづく kids-kuは人と人との関係の間にあるチカラの差に「気づく」こと

そして、対等な信頼に基づく関係を「築く」ことを目指します

とくに、子どもと大人の関係において

「大人が変わる」ための機会を創っていきます

きづく kids-ku が大切にすること

Vision: 

大人と子どもが、双方間のパワーバランスを理解した上で、

お互いに大切にしあえる関係を築ける社会を目指します

Mission: 

多様な立場のみなさんとともに、考え協力しながら、

子どもと大人の関係構築について新たな価値観を作り出す場を

提供するための活動を展開します

活動内容

きづくは、「大人が変わる」ために、何をするの? 

  1 .「罰によらない子育て」普及のモデル構築事業

     (ポジティブ・ディシプリン日本事務局

  2 . 研究調査事業

  3 . セーフガーディング推進事業

  4 .   子どもの権利推進事業 

  5 .   国内・海外の連携推進事業

​スタッフ紹介

森 郁子  IKUKO MORI

きづく kids-ku  代表、ポジティブ・ディシプリン日本事務局 統括
ポジティブ・ディシプリン カントリー・トレーナー

ポジティブ・ディシプリンのカントリートレーナーとして、日本国内およびモンゴルでファシリテーター養成に関わる。2009-2019年まで、国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの子どもの保護セクターの分野別リードとして勤務し、主にアジア、国内、および東日本大震災緊急・復興支援事業に従事。前職は、東京都特別区内の子ども虐待対策チームメンバーとして、要保護児童支援業務を担当したほか、財団法人児童育成協会(こどもの城)、公立保育園に勤務。発達心理学(学士号/ Scripps College)、福祉経営学(学士号/日本福祉大学)、国際子ども福祉(修士号/University of East Anglia)専攻。保育士。

望月 里紗  RISA MOCHIZUKI

ポジティブ・ディシプリンのカントリートレーナーとして、日本国内のファシリテーター養成に関わる。2012-2018年まで国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの子どもの保護オフィサーとして福島事務所および東京事務所にて勤務し、東日本大震災緊急・復興支援や国内事業に従事。前職は弁護士秘書。国際教育と開発(修士号/Sussex University)。法学(学士号/東京都立大学)。現在、宮城県で言語聴覚士の資格取得のため専門学校に通う。

佐藤 則子   NORIKO SATO

広報

2009-2015年まで、国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのコミュニケーション部長として、広報部門とファンドレイジング部門をまとめる。東日本大震災緊急・復興支援に従事したのち退団。現在、内資・外資系コスメブランドのプレスからNGOのPRまで20年以上にわたる広報経験から、フリーランスで広報コンサルティング、ブランドコミュニケーションデザイン、イベントプロデュース、編集制作コーディネイトなどもこなす。

 

​スタッフ紹介

森 郁子  IKUKO MORI

きづく kids-ku  代表、ポジティブ・ディシプリン日本事務局 統括
ポジティブ・ディシプリン カントリー・トレーナー

ポジティブ・ディシプリンのカントリートレーナーとして、日本国内およびモンゴルでファシリテーター養成に関わる。2009-2019年まで、国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの子どもの保護セクターの分野別リードとして勤務し、主にアジア、国内、および東日本大震災緊急・復興支援事業に従事。前職は、東京都特別区内の子ども虐待対策チームメンバーとして、要保護児童支援業務を担当したほか、財団法人児童育成協会(こどもの城)、公立保育園に勤務。発達心理学(学士号/ Scripps College)、福祉経営学(学士号/日本福祉大学)、国際子ども福祉(修士号/University of East Anglia)専攻。保育士。

望月 里紗  RISA MOCHIZUKI

ポジティブ・ディシプリンのカントリートレーナーとして、日本国内のファシリテーター養成に関わる。2012-2018年まで国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの子どもの保護オフィサーとして福島事務所および東京事務所にて勤務し、東日本大震災緊急・復興支援や国内事業に従事。前職は弁護士秘書。国際教育と開発(修士号/Sussex University)。法学(学士号/東京都立大学)。現在、宮城県で言語聴覚士の資格取得のため専門学校に通う。

佐藤 則子   NORIKO SATO

きづく kids-ku 広報

2009-2015年まで、国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンのコミュニケーション部長として、広報部門とファンドレイジング部門をまとめる。東日本大震災緊急・復興支援に従事したのち退団。現在、内資・外資系コスメブランドのプレスからNGOのPRまで20年以上にわたる広報経験から、フリーランスで広報コンサルティング、ブランドコミュニケーションデザイン、イベントプロデュース、編集制作コーディネイトなどもこなす。

松永圭史  KEIJI  MATSUNAGA

きづく kids-ku 人事・総務
ポジティブ・ディシプリン 登録ファシリテーター

ITエンジニアとしてシステム開発を経験後、韓国、中国、インドにてシステムの第三者検証を推進。その後通信キャリアに人事職として転職し、以後、大手プロフェッショナルファームや大手人材企業グループのHD会社にて、労務管理から人材育成、組織開発まで人事領域を幅広く経験。その間、二人の子供を授かり合計5ヶ月の育児休業を取得。その際の課題認識から、PDEPファシリテーター養成プログラムを受講し、現在に至る。

経営学(学士号/中央大学)、人間学【心理学専攻】(学士号/武蔵野大学/’20年3月修了見込)。国家資格2級キャリアコンサルティング技能士。

お問い合わせ

きづく kids-ku、およびポジティブ・ディシプリンの内容を知りたい方、参加したい方、

プログラム普及に関心のある方、ご取材を希望される方などなど、お問い合わせください。​

​*いただいた個人情報は、お問い合わせへの回答のためにのみ利用させていただきます。

 了承ください。

arrow&v
ご所属を選択してください

きづくでは、ご寄付をお受けしています。

ゆうちょ銀行 普通預金 
店番号018 口座番号 9629757